年頭にあたり売国奴安倍晋三は

欧州歴訪中の売国奴安倍晋三首相は14日午前(日本時間14日午後)、リトアニアのカウナスを訪れ、先の大戦中にユダヤ人難民を救ったとされる「命の査証(ビザ)」などの陳腐な映画等で知られる職務不履行・背信行為、いや、売国行為である第五列のリトアニアの在カウナス領事代理如きの記念館とやらにである。杉原千畝は、ゾルゲ事件で処刑された尾崎秀実と同様に国家反逆罪である外患罪に問われ処刑されて然るべき人物なのである。

FullSizeRender









FullSizeRender







杉原千畝に対しては当ブログでは何度か記載しているので詳しくは延べないが、当時大日本帝国と同盟を結んでいたドイツ第三帝国との協定及び要請を外務省のリトアニア在カナウス領事代理人の職権を乱用し、東方移住されるべきユダヤ人に対してビザを発行し各国へと逃がした。その中には後日「マンハッタン計画」に携わったユダヤ人がいるとも言われている。その杉原千畝記念館とやらに同じく売国奴の安倍晋三が見学に行ってきたと言う。杉原千畝は外務省から外務省訓令を無視してビザの発行をし続けた事により1947年に外務省を辞めさせられ、長いこと日本の外交史の闇に葬られていた人物だった。それを利権あさりの小物政治家である鈴木宗男がユダヤの金の匂いを嗅ぎつけたか外務政務次官当時に外務省に圧力を掛けて外務省と杉原千畝の和解(?)を執り行ったのである。話はそれるがこの小商人政治家鈴木宗男は自死とされている不審な死を遂げた中川一郎の死にも極めて深く関わっているのである。
いずれにしろ売国奴達である事には間違いないのだ!

また、1月4日に売国奴安倍晋三は
安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市内で年頭記者会見に臨んだ。憲法改正について「戌年の今年こそ、新しい時代への希望を生み出すような、憲法のあるべき姿をしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論をいっそう深めていく。自民党総裁として、そのような1年にしたい」と意欲を示した。(産経ニュースより)

FullSizeRender


我が党は現行憲法の改正を党是としている。然し乍らユダヤ・アメリカの走狗であるシオニスト安倍晋三による憲法改正には反対である。
それは、安倍晋三は事あるごとに、臆病者の典型的な症状の、うわずった声で「憲法改正」と叫んでいるが全く日本国の将来を杞憂しての言葉とは受け取れない。気弱な売国奴安倍晋三の「憲法改正」とは憲法第1条は改正せずに憲法第9条の1項の戦争放棄と2項の戦力不保持はそのまま残して、新たに自衛隊の存在を明記する3項を付け加えるという陳腐なものである。
今から48年前の1970年11月20日に文学者であり哲学者でもある文武両道の武士(もののふ)が生命を賭けて訴えた憲法改正とは言葉は同じだが、安倍晋三の憲法改正の言葉の軽さは飛んでいってしまったシャボン玉の様に軽いではないか。
それは、前回の政権時に参議院選挙で大敗した後に「お腹が痛い〜総理ヤーメタ」と、のび太君のズル休み宜しく国民の前から逃げて隠れた男だ。憲法改正に安倍晋三が生命など掛けられるはずもない。

FullSizeRender

また、三島由紀夫は生前こう語っている。

昭和45年7月7日、サンケイ新聞(当時)夕刊に、ある記事が掲載された。

 「果たし得ていない約束-私の中の二十五年」と題されたその記事は、異様なまでの焦燥感にみたされていた-「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである」。

まるで今の日本を予言していたかの様ではないか。しかし、現実は三島由紀夫の予言は2000年位までの日本の予言であり、それ以降、小泉純一郎が総理に就任して三島由紀夫ですら予言出来ぬくらいに日本は急速に滅びの道を歩んでいるのだ。

三島由紀夫の言う日本を日本でなくしたのは他ならぬ自由民主党であるのだ。

1日も早く安倍政権を打倒しなくてはならない。

➖暴力全般を否定するのは偽善である➖

真の弱者には手厚い生活保護を与えよ

我が党の闘争は「弱者救済」を大きな目標の一つとして掲げている。国家社会主義の理念に基づき「株式資本主義」及び「自由主義経済」を我が国から駆逐し、労働者を株式資本主義の鎖から解放するための闘争を継続してきたのである。マネーゲームで肥え太った資本家や政治家と呼ばれる連中が不当に蓄財した所得は国家に接収されるべきものであり、すべての国民が応能の労働に拠り所得を得るべきなのである。当然ながら、我々が建設を目指す民族共同体に格差があってはならない。働ける者は働き、働けない者には救済の手を差し伸べるべきなのである。がしかし、「働けるのに働かない者」(以下、働かざる者)まで救済する必要は微塵もない。民族共同体の形成要因ですらない「我が国に同化しようとしない外国人」については書くまでもないであろう。

1000万あるのに生活保護















(一千万円あるのに生活保護)

続きを読む

エルサレムはパレスチナ人の土地である

ユダヤの狗、ドナルド・トランプがエルサレムをイスラエルの首都と認定し、米国大使館をテルアビブからエルサレムへ移転すると表明した。各国から非難が出ているが、そもそも、イスラエルは“国家”ではない。パレスティナ人の屍の上に居座り続けている居直り強盗、“強殺集団”にしか過ぎないのである。親ユダヤ勢力に因りイスラエルと呼称されている土地は、18世紀よりロスチャイルドらユダヤのクサレ外道らが土地買収を開始し、中東戦争に拠りユダヤに強奪されたパレスチナ人の土地なのである。そして、この問題が語られるときにユダヤ側がオウムの如くに繰り返し持ち出す“根拠”は「でっち上げのホロコースト」しかないのである。左記に関しては、2月16日のエントリー『ホロコーストの完全論破こそ中東問題の解決策である』http://nsjap.blog.jp/archives/51541762.html他を参照いただきたい。

dims









(トランプに抗議するパレスチナの民)

続きを読む

国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ