アンネの日記を妄信する小川洋子の愚かさ

作家の小川洋子女史は、4月20日付け産経新聞の新企画「最後の一冊」で『アンネの日記』を "迷いなく選んだ" 才女である。企画の紹介文としては、「本は人生を豊かに彩ってくれます。その人生の幕を閉じるとき、みなさんはどんな本を読みたいと思いますか。最も感銘を受けた小説でしょうか、人間の深淵に迫るノンフィクションでしょうか、(中略)これから、各界で活躍する方々に人生の締めくくりに読みたい本をたずねる「最後の一冊」を始めます。初回は作家の小川洋子さん。迷いなく選んだ一冊は、ナチス占領下での隠れ家生活をユダヤ人少女アンネ・フランクがつづった『アンネの日記』です。(原文ママ)

小川洋子 記事









(広告欄を除き一面全頁を用い喧伝)

●ノンフィクションと妄信

小川洋子女史が『アンネの日記』と出会ったのは、アンネと同じ13歳、中学校の図書館で借りたものの、「アンネの方がずっと精神年齢が高く、歴史的知識もなくてピンとこなかった」らしい。当然である。作者はアンネ・フランクではないのだから。「アンネフランク財団が「アンネの日記」を贋作だと認めた」http://nsjap.blog.jp/archives/51528143.htmlの一文を以下に再掲する。「2015年11月13日の「ニューヨークタイムズ」によれば、「アンネフランク財団」とアンネの日記の著作権を持つスイスの財団「Swiss Foundation」がアンネの日記はアンネフランクの父親、オットーフランクが書いたものであると認めた。(正確には共著者とした。理由は著作権の更新のため) そもそもアンネの日記はドイツ占領下のオランダのアムステルダムの隠れ家で、ドイツの「ユダヤ人狩り」に怯えながら日々をつづった「日記」として戦後ベストセラーになり、所謂「ホロコースト」肯定派論者の精神的な主柱になってきた。また、我が国においては、左翼日教組の指定図書などにも選ばれ、反戦思想を子供に植え付けてきたのだ。」

続きを読む

アドルフ・ヒトラー総統ご生誕日に捧ぐ

死を賭してまで世界を護るために闘った二十世紀最高の指導者にして、ユダヤによる世界支配及びユダヤの "人造国家" イスラエルが、いまこの瞬間にも犯し続けている非道なる虐殺の預言者でもあるアドルフ・ヒトラー総統のご生誕日に際して、その確固たる意志と思想を『わが闘争』から抜粋引用することに拠って、人種問題とユダヤの正体を抉りだしたい。このエントリーを以て、現在のユダヤ国際秘密力に牛耳られた混沌とした世界を七十年前に警告し、闘い斃れた、永遠なるFührer、アドルフ・ヒトラー氏のご生誕日に寄せる我が党の意志を表するものである。

HITLTER1









(ADOLF HITLER BILDER AUSDEN LEBEN DES FÜHRERS)

続きを読む

監視社会を目指す日本共産党―内部資料公開―

3月21日に閣議決定された組織犯罪処罰法改正案に対して、日共リンチ殺人事件の主犯である宮本顕治を永遠なる党指導者として顕彰し且つ無実の罪で服役したと喧伝し続けている犯罪者集団、日本共産党が相も変わらず猛反発している。3月22日付け、しんぶん赤旗は一面や「社説」ほか七面もの紙幅を用いて「反対」の大合唱である。


●しんぶん赤旗はプロパガンダ機関

しんぶん赤旗は、当然ながら「新聞」ではない。まだしも党機関紙などと云えば聞こえは良いが、傍から見ると単なる日共のプロパガンダ機関に過ぎない。世界の平和と国民の生命を護ると宣う日本共産党であるが、3月22日付け「しんぶん赤旗」全十六面の紙幅のうち、テロ等準備罪反対に七面も費やしている点からも、この犯罪者集団の嘘を嘘で塗り固めた党史と主張は「欺瞞の満艦飾」であり、組織犯罪処罰法改正案に該当する犯罪者集団の素性が読み取れる。彼奴等は決して「平和と安全」を目的とはしていないのである。彼奴等が目指しているのは、戦前から一貫して暴力に因るプロレタリアート革命なのである。もっとも新入党員勧誘や署名及び献金集めなどに奔走させられている末端の党員及び後援会員らは、減り続ける「しんぶん赤旗」の購読者確保と党内に於ける自己保身が目先の目標となっているのだ。

共謀罪 赤旗一面













(赤旗一面「密告」の奨励 国民監視強まる との不安を煽る小見出し)

続きを読む

国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ