ユダヤ人どもよ水晶の夜を忘れるな!

本日我が党は「水晶の夜」80周年記念日に在日イスラエル大使館と日本ユダヤ教団本部に抗議活動を行った。
IMG_5507
IMG_5509
IMG_5575
IMG_5538
IMG_5546
IMG_5573
IMG_5563

我々は国家社会主義日本労働者党である。今から80年前の本日119日は、「水晶の夜」と呼ばれた日である。当時、またワイマール共和政の影響下が続いていたドイツで貴様らは国家を利子奴隷と化し、労働者から不当なる対価でもって労働力を搾取し続けていた、貴様らユダヤに対しての怒りが臨界点に達したのだ。

この闘いにより幾ばくかの寄生虫は駆除された。しかし貴様らが多民族に及ぼした被害に比べれば、限りなくゼロに近い数値でしかない。

 

貴様らは被害者面ばかりを強調するが、「水晶の夜」の発端はユダヤ人がドイツ人官吏(在フランスドイツ大使)を殺害したことである。それによりいままで耐えに耐えてきた民衆の怒りが爆発したのである。虚言メディアが喧伝する「でっち上げのホロコースト」はいうまでもないが、「ユダヤが被害者であった」ことは歴史上一度もない。「ユダヤは迫害を受けてきた」など失笑を買うだけである。歴史の真実は「ユダヤは支配階級であり加害者」の一点に尽きる。ヘブライ国崩壊後、各地にちらばったユダヤは、がん細胞のごときに、その土地の資本を侵食し、文化、伝統、歴史を改竄し、純血を濁らせてきた。

ユダヤは、カネだけではあきたらず文化も改竄してきたのであるが、改竄に留まらず、基の文化、伝統的価値を根絶やしにし、ユダヤに都合のよいモノを創出しようとしてきた。それがホモを筆頭とする変態どもをLGBTと呼び、多様性を受け入れよとの大合唱である。そして、金融と情報システムに拠り「国境を横断する国家」をグローバリズム経済と云う甘言で事実上成し得たユダヤは、現実の国境破壊を進めている。そのだしに使われているのが移民である。欧州に於いては事実上、国境は瓦解し、アメリカに於いてはホンジェラスからの「移民キャラバン」が迫っている。これは、ホンジェラスの極左活動家バルトロ・フエンテスと自称「人権団体」のプエソン・シン・フロンテラスが主催者であるかの様に見せているが、その実態はユダヤ人ジョージ・ソロスがスポンサーである事が暴かれている。そう、言葉巧みに東欧ゲットーから生き延びてきた金の亡者のユダヤ人である。我が国に於ても、ユダヤ国際秘密力の圧力で、性的少数者擁護、移民政策、そして大阪なおみのような混血種且つ二重国籍すらがもてはやされるような危機的侵食が進められている。また、先日も話題になった「ハロウィン」のどんちゃん騒ぎの様な渋谷でのLGBTのパレードもジョージ・ソロスがスポンサーである。更にIR法案等と目くらましの様な法案名で国民を欺いている「ギャンブル法案」であるが、これは安倍晋三がトランプの親友のラスベガスのカジノ王であるウクライナ系ユダヤ人シェルドン・アデルソンからの要請である。彼は「日本はラスベガスよりビジネスチャンスがある」と豪語しているのだ。アイデンティティの喪失こそが、貴様らの狙いであり、ユダヤ教の愚典「タルムード」の選民思想に基づく世界支配を具現化する手段なのである。

虚言メディアが「敬虔なユダヤ教徒」などと報じるキッパを被るまたは、黒帽子や黒スーツを着る奴らなど、しょせんファッションでしかない。何故なら、「モーゼの十戒」で守っている項目はたかだか安息日程度だからである。糞モーゼが十戒で戒めている、殺人、窃盗、嘘、欲望にまみれない等は、ユダヤの強殺集団イスラエルがパレスチナ人に強いている事柄すべてではないか。

 

パレスチナのガザ地区こそ毎日が「水晶の夜」でありパレスチナ人こそが「ホロコースト」の被害者である。

 

ユダヤは、労働者から搾取したカネで経済、メディアを手中にし、カネの力で、ときの覇権国家を裏から牛耳ってきた。20世紀初頭は円卓会議を結成してイギリスを取り込み、その後はイルミナティでアメリカをと、ユダヤの意向に沿う最も強い国をユダヤ勢力に組み入れてきた。本来であればただの紙くずでしかない「貨幣」に価値を生じさせ、それを浸透せしめ、みずからがそれを刷り上げ、流通量を操作し、労働に拠らず莫大なカネを貯めこんできたのが貴様らユダヤなのである。ユダヤが世界中から嫌われている原因は貴様ら自身に起因するのだ。

その因果応報であろう。先月27日、アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグにて、ユダヤ排撃の輝かしい歴史「水晶の夜」が再現された。シナゴーグを襲撃したロバート・ボウワーズ氏はユダヤを11人も駆除した英雄である。しかるにユダヤの狗トランプは、ボウワーズ氏を非難し、さらには、先月末まで政府庁舎に半旗を掲揚するようにすら命じている。これを後押しするのがユダヤ資本の虚言メディアである。

「でっち上げのホロコースト」同様に、虚言メディアは、シナゴーグ襲撃が悲劇のように繰り返し報じている。しかし、一般人は騙せても、我々、国家社会主義者は欺けない。シナゴーグを襲撃すること、ユダヤを駆除することは「正当防衛」であり、我々がユダヤに奪われたあらゆるモノを取り戻す契機なのである。1938年の「水晶の夜」はユダヤ殲滅ののろしに過ぎない。貴様らの欺瞞は暴かれ、第二、第三の水晶の夜は実行される。我が党は、その先頭に立つ。

 

我々は民族の預言者であり、民族の触覚であり、民族の防人であり、民族の監視者である。

 

ユダヤ人共よ「水晶の夜」を忘れるな!



ホロコースト否定論者に懲役刑科される

2018年10月26日、ユーチューブを通じて「ホロコーストは、すべての歴史において最大かつ最も悪質で永続的な嘘である」と云う自身の考えを述べてきたカナダ人バイオリン・インストラクター、モニカ・シェーファー(Monika Schaefer)女史と兄、アルフレッド・シェーファー(Alfred Schaefer)氏に対する判決がミュンヘン裁判所に於いて下された。モニカ女史には懲役10カ月(※1)、アルフレッド氏には懲役3年2カ月と云う不当なる有罪判決であった。両氏とも「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法違反でありドイツ刑法典130条「民衆扇動罪」で懲役刑を科されたのであるが、ユダヤ・戦勝国史観を絶対視し且つ異論を排除することを是とし、それを恥じ入る良心すら持たない裁判官に「人を裁く資格」などあろうはずもない。

FullSizeRender



(左:モニカ・シェーファー女史、右:アルフレッド・シェーファー氏)

●基本規範は「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法 (article 3h Verbotsgesetz )
ここで改めて述べるまでもないが、裁判は法律に基づいて為されなけれならない。このたびの判決は一見すると罪刑法定主義に則っているかのように見える、しかしながら「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法(ドイツ刑法典130条)これ自体が、ドイツの基本法規(上位法)たるドイツ連邦共和国基本法に反しているのであるから、両氏とも無罪を勝ち取って然るべきではないか。偽善者メルケルが信奉し虚言メディアが押し付けるドイツ連邦共和国基本法では「表現の自由」や「言論の自由」などの基本的権利は保障されているはずである。がしかし、このたびの判決でも明らかなように、ホロコースト否定やナチズム肯定に関しては一切の自由がないのが現実である。シェーファー女史は、「民族大虐殺」を否定し「強制収容所に於いては、被収容者は可能な限り健康的に管理され、収容所には一定の自由もあった」「収容所は“絶滅収容所”ではない。労働力を得るための作業場であった」と主張しただけなのだ。基本法規に照らし合わせれば、シェーファー兄妹が刑に服する謂れはない。

なお、我が国に於いても基本法規として薄汚い占領国憲法が存在するが、川崎市や大阪市など一地方自治体が、ヘイトスピーチ条例に拠って言論の自由や表現の自由を明確に否定している。法令ですらない例規ごときが何故、基本法規の上に立つのか。基本的人権を侵害するこのような唾棄すべき例規に対して、所謂「自由主義者及び博愛主義者」どもは諸手を挙げて賛意を示しているが、彼奴らの信奉する日本国憲法を侵しているのであるから、本来であれば毅然として反対すべきではないか。左記例規と同じく憲法で保障された参政権すらも外国人に与えようとする自治基本条例も同様の愚例である。この相反する様態は、自由主義に則った“己が正しい”と云う思い込みが高じて罹患した「民主主義病」や「自由主義病」と呼ぶに相応しい精神病患者の成れの果てである。

我が党は、このようなエセ人道主義で偽装された法令や例規、それをゴリ押しする勢力及び信奉者に対して、激烈なる殲滅運動を展開してゆく。シェーファー女史は今後、有罪判決を覆すための闘いを続けられることであろう。我が党も全力で彼女を支援し、ユダヤに毒された人々に「ホロコーストの真実」を知らしめるための闘争を継続する。この闘いは、我々歴史修正主義者が勝利を勝ち取るまで立ち止まることはない。


※1 本年一月に逮捕されたシェーファー女史は、既に刑期を満了しているとして釈放されたとのことである。

ロバート・フォーリソン死去


我々、歴史修正主義者を長年に亘り牽引されてきたロバート・フォーリソン(Robert Faurisson)博士が10月21日に心臓発作で逝去された。

IMG_5412


フォーリソン博士は、「歴史の真実」を真摯に追及し、特に「ホロコーストの嘘」を検証することに命を捧げてこられた。「ホロコースト」に関する言論及び表現の自由が争点となった所謂「ツンデル裁判」に於いても、ツンデル氏の弁護のために尽力され、一次史料に基づいた学術的な証拠を突きつけ、その結果、カナダ裁判所は「ホロコースト」の事実認定を避けた。また、歴史修正学会(IHR)の学術的・精神的な支柱であった。博士自身も数回に及ぶユダヤ人からのテロから生き延び亡くなるまで「ホロコーストの嘘」検証に命を懸けてこられた。そして「ホロコーストの嘘」を証明した博士こそが真の勝者である。 

(ロバート・フォーリソン(Robert Faurisson)博士)
(以下のリンクは、ファーリソ博士が友人達との会合を妨害された動画である。糞ユダヤ人達に!)
●殺人用ガス室はなかった
フォーリソン博士は、1960年に「ホロコーストはなかった」との考えに出会い衝撃を受ける。ポール・ラッシニエに始まるホロコースト否定論には「ホロコースト肯定派」に反論する説得力があった。博士自身も「ホロコースト」研究のため、膨大な資料を検証し、1974年に「殺人用ガス室は存在しなかった」との結論を得る。博士は「文書と写真が存在を主張するもの」に学者の視線で疑問を呈し、それらに存在する矛盾を暴いてきた。その一例をあげれば、アウシュヴィッツⅠの設計図を検証し、第一死体焼却棟(KrematoriumⅠ)にあったとされる殺人用ガス室とされる箇所には「遺体安置所(Leichenkeller)」と記されているのを発見し世に公表したのも博士である。――アウシュヴィッツ=ビルケナウにあったとされるKrematoriumⅡ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴも同様である。フォーリソン博士の「殺人用ガス室は存在せず」と云う結論及びその後の検証に拠り、当初は反論し“新証拠”を出してきた「ホロコースト肯定派」も提示する資料が悉く反証として立証されるため、現在「ホロコースト肯定派」は、沈黙
と非道なる暴力を用いるばかりである。

●フォーリソン博士の遺志を継ぐ

東欧ゲットーあがりのならず者どもが構築した「でっち上げのホロコースト」と云う不定形の幻影は、彼奴等が繰り返してきた“ほころびを繕う”行為――存在証明の軌道修正により既に理論破綻している。ここまで「ホロコースト肯定派」を追い詰めたのは、フォーリソン博士を筆頭とする歴史修正主義者である。2017年、 2018年はファーリソ博士、ツンデル氏と歴史修正主義者の指導者的立場の盟友が亡くなった。我が党は哀悼の意を表すると共に、彼らの遺志を受け継ぎ、その闘いを継承してゆくことを誓うものである。

(フォーリソン博士の著書「Just Who Is Robert Faurisson?」)
FullSizeRender

国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ