偽者の日記

米ユダヤ団体「当局は犯人特定を」 アンネの日記破損で

2014年2月21日15時58分

     「アンネの日記」や関連図書が東京都内の複数の図書館で相次ぎ破られた事件で、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・ロサンゼルス)のエイブラハム・クーパー副代表が20日、「衝撃と強い懸念」を表明した。「日本の当局は犯人の特定と対処を」と求めている。

     クーパー氏は「多くの日本人がいかにアンネ・フランクを学び、敬意を表してきたかを知っている」としつつ、「この事件は、ホロコーストユダヤ人大虐殺)の犠牲となったユダヤ人の子どもの記憶を中傷する組織的活動の存在を強く示唆している」と非難した。

     同センターは昨夏、麻生太郎副総理憲法改正を巡り、ナチスを引き合いに「手口に学んだらどうか」とした発 言も抗議した。(ロサンゼルス=藤えりか





    この小説「アンネの日記」では、アンネフランクが生前オランダの隠れ屋敷から友人に送った執筆とまるで違う執筆で書かれ、本文の三分の一はアンネ・フランクの父親であるオットー・フランクによる創作小説である。しかも、アンネ・フランクが生きていたころにはこの世に存在していないボールペンで書かれている部分すらあるのだ。
    現在に置き換えて考えてみれば、支那や朝鮮の「南京大虐殺」「従軍慰安婦」の嘘と同じであるのだ。


    当時のユダヤ人がアウシュビッツ強制収用所に送られると労働不適格者は片っ端から「ガス室」送りになったと教えられてきたのですが、アンネ・フランクはアウシュビッツに送られた後、発疹チフスにかかった為、隔離病棟のあるベルゲン・ベルゼン収容所に移送され亡くなってます。一般に言われているアウシュビッツのユダヤ人の運命(列車で到着後すぐに選別され労働不適格は「ガス室」に消えていったと言う証言とか)とは違うように思えます。

    強制収容所
    1944年8月4日、二年に及ぶ潜行生活が遂に終わりを迎えた。アムステルダム駐留軍保安警察(SD)が隠れ家を急襲し、ユダヤ人8人と支援者2名(戦後も存命。現在は故人)を逮捕したのである。この逮捕については密告があったとするのが定説となっているが、戦後詳細な聞き取り調査が行われたにも関わらず、誰による密告であったのか判明していない。

    逮捕された8人は、8月8日にヴェステルボルクのユダヤ人通過収容所に送られた。ここで一ヶ月を過ごした後に全員がアウシュヴィッツ強制収容所に収監され、以後はバラバラとなった。

    オットー・フランク(アウシュヴィッツに収監後、解放)
    エーディト・フランク=ホーレンダー(1945年1月6日 アウシュヴィッツで死亡)
    マルゴット・ベッティ・フランク(1945年2月から3月にかけてベルゲン・ベルゼン収容所でチフスのため死亡)
    アンネリース・マリー・フランク(マルゴーと同様)
    ヘルマン・ファン・ペルス(1944年9月6日 アウシュヴィッツにてガス室に送られ死亡 しかしオットー・フランクによる証言以外証拠はない)
    アウグステ・ファン・ペルス(1945年4月から5月の間に死亡。場所不明)
    ペーター・ファン・ペルス(1945年5月5日 マウトハウゼン収容所で死亡)
    フリードリヒ・プフェファー(1944年12月20日 ノイエンガメ収容所にて死亡)
    8人のうち、戦後も生きて天寿を全うしたのはオットー・フランク(1980年8月19日死去)だけである。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF



    ヘルマン・ファン・ペルス(1944年9月6日 アウシュヴィッツにてガス室に送られ死亡 しかしオットー・フランクによる証言以外証拠はない)

    ★オットー・フランクによる証言以外ない証拠はないって・・・

    アウグステ・ファン・ペルス(1945年4月から5月の間に死亡。場所不明)

    ★死亡した場所も日時も不明

    ペーター・ファン・ペルス(1945年5月5日 マウトハウゼン収容所で死亡)

    ★マウトハウゼンは1945年5月5日に解放されています。



    images4XV61D6Oimages











    image-661999-breitwandaufmacher-zsnc












    アンネの日記の筆跡。筆記体で全体的に右に傾斜した直線的な達筆。


    272098893_143





















    アンネがアメリカの友人に送った1942.10.10日付の手紙

    272098893_31














    須磨離宮公園 バラ園 開花情報】
    スヴニール・ドゥ・アンネ・フランク
    Souvenir d'Anne Frank

    通称アンネのバラ。アンネの隠れ家の庭から持ち帰った種子を改良し、アンネの父・オットーに捧げられたバラ。


    935023_576749012356763_498323708_n














    Souvenir_d_Anne_Frank(由来の説明)














    シモン・ヴィーゼンタール・センターのアブラハム・クーパーよ犯人を捜しているのなら探してみろ 突き止めてみろ

    警視庁がこの件に関する「捜査本部」作っただと。笑わせるな、器物破損で捜査本部が出来た?他にもやらなきゃいけないことが沢山あるだろう。 


    imagesCVRFUYS1

    無間地獄に落ちろ一戸彰功

    日本の曹洞宗 韓国の寺に植民地支配謝罪の碑建設へ
    http://news.goo.ne.jp/article/yonhap/world/yonhap-20120910wow018.html
    2012年9月10日
     【群山聯合ニュース】日本の植民地時代の蛮行を反省し悔い改める碑が、日本の仏教人の手により韓国南西部にある全羅北道群山市の東国寺に建てられる。
     日本の仏教の代表的な宗派である曹洞宗の僧侶10人余りが16日午前10時に「東国寺創建104周年茶礼祭」に出席し、ざんげ法会をする予定だ。
     この日、法会では「懺謝(仏教用語で許しを請い謝ること)文碑除幕式」も同時に行われる。東国寺の前庭に横幅3メートル、高さ2.3メートルの大きさで制作された石碑には、日本語の原文と韓国語の翻訳文で植民地支配の蛮行を恥じ、心から謝罪するという内容が刻まれている。
     法会には、東国寺を創建した曹洞宗の宗務庁の神野哲州財務部長が出席し、碑文を読み上げる。
     碑の建設費用は日本側が負担した。
     曹洞宗は日本の植民地支配が終わった1945年当時、韓国に160余りあった寺と布教所を従える巨大宗派だった。東国寺は1909年に曹洞宗の僧侶により建てられた。


          曹洞宗雲祥寺 青森県五所川原市金町朝日山433  0173-53-2074  一戸彰功
     曹洞宗僧侶「一戸彰功」青森雲祥寺住職ら3人が、2013年5月23日に駐韓国日本総領事館の制止を振り切り竹島に不法上陸し、太極旗を振って「独島は韓国領土」と宣言した。また 一戸住職は2012年9月、植民地時代の寺としては韓国に唯一残る東国寺(全羅北道群山)に「過去の日本の圧政に苦しんだ人々に深く謝罪する」などの文章を刻んだ「懺謝文(さんじゃもん)」碑を建てる際にも先頭に立った(上の記事)

    2018803






     






    竹島で韓国軍に殺された日本人5人の霊が、この麻原彰晃に似た名の糞坊主を無間地獄に突き落とすのだ。

    3月19日午後9時からニコ生スカイプ対談 維新政党新風鈴木信行氏と


    韓国政府と起訴された男・・・維新政党新風 鈴木信行氏と対談

    http://com.nicovideo.jp/community/co1724530


    ニコ生ポスター鈴木

    国家社会主義日本労働者党
    協賛される方、または賛助会員

    ☆ゆうちょ銀行

    ※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
    ゆうちょ銀行
    10160-40325421
    コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

    ※他の金融機関からは下記の口座を
    店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
    店番:018
    口座番号:普通預金018-4032542

    • ライブドアブログ