ホロコースト否定論者に懲役刑科される

2018年10月26日、ユーチューブを通じて「ホロコーストは、すべての歴史において最大かつ最も悪質で永続的な嘘である」と云う自身の考えを述べてきたカナダ人バイオリン・インストラクター、モニカ・シェーファー(Monika Schaefer)女史と兄、アルフレッド・シェーファー(Alfred Schaefer)氏に対する判決がミュンヘン裁判所に於いて下された。モニカ女史には懲役10カ月(※1)、アルフレッド氏には懲役3年2カ月と云う不当なる有罪判決であった。両氏とも「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法違反でありドイツ刑法典130条「民衆扇動罪」で懲役刑を科されたのであるが、ユダヤ・戦勝国史観を絶対視し且つ異論を排除することを是とし、それを恥じ入る良心すら持たない裁判官に「人を裁く資格」などあろうはずもない。

FullSizeRender



(左:モニカ・シェーファー女史、右:アルフレッド・シェーファー氏)

●基本規範は「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法 (article 3h Verbotsgesetz )
ここで改めて述べるまでもないが、裁判は法律に基づいて為されなけれならない。このたびの判決は一見すると罪刑法定主義に則っているかのように見える、しかしながら「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法(ドイツ刑法典130条)これ自体が、ドイツの基本法規(上位法)たるドイツ連邦共和国基本法に反しているのであるから、両氏とも無罪を勝ち取って然るべきではないか。偽善者メルケルが信奉し虚言メディアが押し付けるドイツ連邦共和国基本法では「表現の自由」や「言論の自由」などの基本的権利は保障されているはずである。がしかし、このたびの判決でも明らかなように、ホロコースト否定やナチズム肯定に関しては一切の自由がないのが現実である。シェーファー女史は、「民族大虐殺」を否定し「強制収容所に於いては、被収容者は可能な限り健康的に管理され、収容所には一定の自由もあった」「収容所は“絶滅収容所”ではない。労働力を得るための作業場であった」と主張しただけなのだ。基本法規に照らし合わせれば、シェーファー兄妹が刑に服する謂れはない。

なお、我が国に於いても基本法規として薄汚い占領国憲法が存在するが、川崎市や大阪市など一地方自治体が、ヘイトスピーチ条例に拠って言論の自由や表現の自由を明確に否定している。法令ですらない例規ごときが何故、基本法規の上に立つのか。基本的人権を侵害するこのような唾棄すべき例規に対して、所謂「自由主義者及び博愛主義者」どもは諸手を挙げて賛意を示しているが、彼奴らの信奉する日本国憲法を侵しているのであるから、本来であれば毅然として反対すべきではないか。左記例規と同じく憲法で保障された参政権すらも外国人に与えようとする自治基本条例も同様の愚例である。この相反する様態は、自由主義に則った“己が正しい”と云う思い込みが高じて罹患した「民主主義病」や「自由主義病」と呼ぶに相応しい精神病患者の成れの果てである。

我が党は、このようなエセ人道主義で偽装された法令や例規、それをゴリ押しする勢力及び信奉者に対して、激烈なる殲滅運動を展開してゆく。シェーファー女史は今後、有罪判決を覆すための闘いを続けられることであろう。我が党も全力で彼女を支援し、ユダヤに毒された人々に「ホロコーストの真実」を知らしめるための闘争を継続する。この闘いは、我々歴史修正主義者が勝利を勝ち取るまで立ち止まることはない。


※1 本年一月に逮捕されたシェーファー女史は、既に刑期を満了しているとして釈放されたとのことである。

ロバート・フォーリソン死去


我々、歴史修正主義者を長年に亘り牽引されてきたロバート・フォーリソン(Robert Faurisson)博士が10月21日に心臓発作で逝去された。

IMG_5412


フォーリソン博士は、「歴史の真実」を真摯に追及し、特に「ホロコーストの嘘」を検証することに命を捧げてこられた。「ホロコースト」に関する言論及び表現の自由が争点となった所謂「ツンデル裁判」に於いても、ツンデル氏の弁護のために尽力され、一次史料に基づいた学術的な証拠を突きつけ、その結果、カナダ裁判所は「ホロコースト」の事実認定を避けた。また、歴史修正学会(IHR)の学術的・精神的な支柱であった。博士自身も数回に及ぶユダヤ人からのテロから生き延び亡くなるまで「ホロコーストの嘘」検証に命を懸けてこられた。そして「ホロコーストの嘘」を証明した博士こそが真の勝者である。 

(ロバート・フォーリソン(Robert Faurisson)博士)
(以下のリンクは、ファーリソ博士が友人達との会合を妨害された動画である。糞ユダヤ人達に!)
●殺人用ガス室はなかった
フォーリソン博士は、1960年に「ホロコーストはなかった」との考えに出会い衝撃を受ける。ポール・ラッシニエに始まるホロコースト否定論には「ホロコースト肯定派」に反論する説得力があった。博士自身も「ホロコースト」研究のため、膨大な資料を検証し、1974年に「殺人用ガス室は存在しなかった」との結論を得る。博士は「文書と写真が存在を主張するもの」に学者の視線で疑問を呈し、それらに存在する矛盾を暴いてきた。その一例をあげれば、アウシュヴィッツⅠの設計図を検証し、第一死体焼却棟(KrematoriumⅠ)にあったとされる殺人用ガス室とされる箇所には「遺体安置所(Leichenkeller)」と記されているのを発見し世に公表したのも博士である。――アウシュヴィッツ=ビルケナウにあったとされるKrematoriumⅡ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴも同様である。フォーリソン博士の「殺人用ガス室は存在せず」と云う結論及びその後の検証に拠り、当初は反論し“新証拠”を出してきた「ホロコースト肯定派」も提示する資料が悉く反証として立証されるため、現在「ホロコースト肯定派」は、沈黙
と非道なる暴力を用いるばかりである。

●フォーリソン博士の遺志を継ぐ

東欧ゲットーあがりのならず者どもが構築した「でっち上げのホロコースト」と云う不定形の幻影は、彼奴等が繰り返してきた“ほころびを繕う”行為――存在証明の軌道修正により既に理論破綻している。ここまで「ホロコースト肯定派」を追い詰めたのは、フォーリソン博士を筆頭とする歴史修正主義者である。2017年、 2018年はファーリソ博士、ツンデル氏と歴史修正主義者の指導者的立場の盟友が亡くなった。我が党は哀悼の意を表すると共に、彼らの遺志を受け継ぎ、その闘いを継承してゆくことを誓うものである。

(フォーリソン博士の著書「Just Who Is Robert Faurisson?」)
FullSizeRender

ドイツ連邦共和国メンヒェングラートバッハで愛国者殺害されたが警察は捜査をしない。移民やユダヤ人、アンティファ天国ドイツの行方

ドイツ連邦共和国、ノルトライン=ヴェストファーレン州(デュッセルドルフ行政管区)のメンヒェングラートバッハで昨日(日本時間9月20日)我が党の同志の友人である「愛国バント」KATEGORIE C (KC)

FullSizeRender

のメンバーマルセル アシュートタッターMarcel Achtstätter氏
IMG_5329
が刺殺された。彼はバントKATEGORIE C (KC)のメンバーであるとともに、「ホーゲーザ・ムーブメント」(HoGeSa)創始者でもある。彼は階段の片隅で刃物で刺し殺された。

場所は博物館の階段の途中でである。警察の発表ではマルセル アシュートタッターが自身で刃物で「自殺」した事になっている

IMG_5330
IMG_5331

ホーゲーザとは過激なイスラム移民や移民、ユダヤ人、共産主義者のドイツの文化、伝統の破壊・民族破壊に抵抗するムーブメントである。更にマルセル アシュートタッター氏は「アンティファ」のヒットリストにも登録されていた。犯人が移民かユダヤ人かアンティファかは現在では判明できないがいずれかであろう。もっとも背後はいずれにしてもユダヤ人が関わっている事には違いがない。

つい先日、9月8日の日にもドイツケーテン (アンハルト) ザクセン=アンハルト州に於いて少女に暴行を働こうとしたアフガニスタン移民2人に22歳の青年が止めに入り乱闘となる。ドイツ人青年はアフガニスタン移民により殴る蹴るの暴行を受け死亡した。が、司法当局は死因は青年の「急性心不全」であったと不可解な発表をした。

昨日の自民党総裁選で総裁の椅子に再び居座ることになった安倍晋三もメルケルと同じに移民歓迎派、いや移民大量受け入れを経団連などの経済界の要請を受け、またアメリカの走狗でもある安倍晋三は日々日本国體の破壊を営んでいる。三年後の日本も移民を受け入れたヨーロッパ同様な状況が待ち構えているのだ。しかし、日本で流血の移民騒動が起きる時こそ、日本人が目覚める時である。

以下は同志が送ってくれたマルセル アシュートタッターの殺害現場での追悼



国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ