フランスで襲撃を受けて記者ら12人が殺害された仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が、事件から1週間後の14日に発行する特別号で、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を特集することがわかった。12日、同紙の弁護士が仏ラジオに出演して明らかにした。

これをいま流行の日本語に置き換えると「ヘイト画」であると言わざるを得ない。