イスラエル前大統領シモン・ペレスが9月28日に死んだ。このペレスなるKIKEは、1994年に、同じく当時のイスラエル大統領イツハク・ラビンと共にノーベル平和賞を受賞している。

新聞記事によると、受賞理由は"中東和平に貢献した"ためだという。具体的には、イスラエル外相時代の1993年にパレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長との間で、パレスチナ暫定自治やパレスチナとイスラエルの相互承認を定めた「オスロ合意」を実現したというのが、その理由である。

しかし、この文章を読んでいただいている諸兄には、ここで一考していただきたい。そもそも、1948年のイスラエル建国時に、パレスチナ人を残虐極まりない手法で殺戮し――この虐殺は、年端もない幼児や老人に対しても行われた――、彼等パレスチナ人の土地を収奪したのは、彼奴らユダヤなのである。この侵略に対して、敢然と立ち上がったパレスチナ人との戦争を、自分達ユダヤの有利なようにPLOとの見せかけの和平合意を記したのが、「オスロ合意」なのである。

juda-noberu







(侵略者のKIKEどもと写真に納まるアラファト議長の心中は、察するに余りある。)

続きを読む