2016年11月

日共リンチ殺人事件と日本共産党の真実 追加資料

昭和五十一年九月二十八日 衆議院会議録第五号

矢野恂也氏の質疑に対する稲葉修法相の答弁

(前略)この議場で春日民社党委員長の質問に答えたとおりであります。そして、この件は裁判所で有罪の判決が確定しており、右判決原本の写しは、当時のお約束どおり、前国会で、国会の要求により国会に提出済みであります。お暇のときに内容をよくごらんおき願いたいと思いますが、概略を申し上げれば、昭和八年十二月下旬ごろ、宮本氏らは、当時の日本共産党中央委員であった小畑達夫氏外一名にスパイの容疑があるとして、これを査問するため、外数名とともに右小畑氏らを監禁して暴行を加え、右小畑氏を外傷性ショック死により死亡するに至らせ、その死体を床下に埋めるなどの事実が認定されています。


続きを読む

「ホロコーストに匹敵するもの」とは

ホロコーストを曲解

ユネスコの世界記憶遺産に登録申請された「従軍慰安婦」に関する文書について、日本、支那、韓国などで構成される国際連帯委員会が慰安婦制度を「ホロコーストやポル・ポトによる大虐殺に匹敵する戦時中の惨劇だ」と主張している。これに対し、ユダヤ系団体、カナダ・イスラエル友好協会が「申請者はホロコーストの意味を捻じ曲げている」「ホロコーストに匹敵するものはなかった」と主張する意見書をユネスコに送付していたことが11月23日に判明した。意見書は、ユネスコが一部加盟国の「政治的道具になった」とした上で、「性奴隷」「慰安婦20万人」の主張は裏付けを欠くと指摘している。(産経新聞一部要約)

●ユダヤの目的はホロコーストの既成事実化

この指摘に、保守層が歓喜している。産経新聞は一面トップの扱いである――当然ながら見出しにホロコーストと大書し、記事中にホロコースト(ユダヤ人大虐殺)と記すことに抜かりはない――。ネットの保守系ブログやSNSもユダヤに「ありがとうとうございます」とまで書かれているものも散見される。しかしながら、ユダヤの意図するものは「従軍慰安婦の否定」などではなく、ホロコーストのみが「歴史上最悪の戦争犯罪」であり、「ホロコーストは真実である」という自己のプロパガンダの拡散・強化だけなのである。

同協会が「中国によるチベット侵略の方がホロコーストの概念により近い」「もっとひどいのは文化大革命だ」と強調しているのも、1000万人超と云われる文革の犠牲者と比較し、ユダヤの主張するホロコースト犠牲者数600万人を既成事実としたいが為に他ならない。――当時のユダヤ人総人口の三分の一がガス室で殺されたことになっているが、この数字はデッチ上げの南京大虐殺や従軍慰安婦の犠牲者数と同じく何度も修正を加えられているのだ。この犠牲者数の変遷と云う一点を以ても、これら三つがプロパガンダであると分かろうものだ。ユダヤ自身が数字を書き換えておきながら、未だに世界中に配されたユダヤのプロパガンダ機関「ホロコースト記念館」では600万人の犠牲者が悼まれ続けているのである。

juda kike












続きを読む

「すべての外国人に医療保障を」という矛盾と欺瞞

本日、下記のネット記事を見つけた。

「来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしている!?」
http://news.infoseek.co.jp/article/spa_20161122_01241761/

我が党は、この様な記事が配信される事態を予見し、既に1993年5月に、次に記す様に「外国人への医療保険適用に反対」を主張してきた。下に、我が党の主張を再度記載する。
---------------------ここから---------------------

「すべての外国人に医療保障を」という矛盾と欺瞞 1993年5月

不法滞在外国人及び歴史捏造による「強制連行」を声高に叫び、自らの利益のために我が国に合法的に寄生する在日韓国朝鮮人ども、及び売国的政治屋による規制緩和で我が国に流入する支那人の医療保険に、何故、我々の保険料(税)が投入されなければならないのか。それも湯水のごときにである。

article-kanagawa-940606


















(我が党の活動を報じるH5年6月6日付け神奈川新聞)
続きを読む

杉原千畝は博愛主義者なのか―杉原家 骨肉の相続争い―


●杉原千畝の妻の遺言「無効」

杉原千畝の妻で、平成20年に死去した幸子氏(96歳)の遺言について、ベルギー在住の四男、伸生氏が無効確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は11月17日、請求通り遺言は無効と認めた。判決によると、遺言は幸子氏が入院していた平成13年12月に公証人が作成、全財産を長男(平成13年に死去)の子供二人に相続させ、長男の妻を遺言内容の執行者とする内容だった。関根規夫裁判長は「遺言の作成は、長男の妻と子供が発案した。幸子氏は当時、意識障害があり、手続きの意味を理解できていたとは言えない」と指摘した。

杉原千畝




続きを読む

「鎮魂」という名の「侵略」―新作能「アウシュビッツとフクシマ」―

天皇、皇后両陛下が、11月14日、東京都渋谷区の国立能楽堂で、アウシュビッツ収容所と東日本大震災を題材にした新作能「鎮魂―アウシュビッツとフクシマ―」を鑑賞された。この「鎮魂」なる新作能は、元駐日ポーランド大使ヤドヴィガ・ロドヴィッチなるKIKEが台本を執筆したと報道されている。内容は、「大震災の津波と原発事故で息子と故郷を失った福島の男性が、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所跡を訪れる物語で、死者の声に耳を傾けていく中、「鎮魂と救済」がなされるさまが描かれている。」とされている。

まず、第一に述べたい。国民に対して「譲位」のお気持ちを表明するほど心身の負担が大きい天皇陛下と頸椎ほかの疾患をお持ちの皇后さまが、何故この様なユダヤのプロパガンダを鑑賞せねばならないのか。また、「両陛下のご負担軽減を」と声を揃える虚言メディア各社が何故この鑑賞を好意的にしか報じないのか。

係る茶番劇のサブタイトル「アウシュビッツとフクシマ」を一瞥しただけで、この自称「新作能」が、ユダヤ及び自称人権派左翼どものプロパガンダであることが分かろうものだ。また、このロドヴィッチなる詐話師による "プロパガンダとしての能" の作成は、「能」と云う我が国の伝統文化にする "侵略" でしかない。耳に聞こえのよい「日本の文化を理解しての新作能」などではないのだ。
kike ロドヴィッチabraham Cooper


































(侵略者ロドヴィッチ(上)。このやさしさあふれる笑顔は、ユダヤのテロ機関サイモン・ヴィーセンタール・センターのエイブラハム・クーパーと口の開き具合や角度までそっくりである。いくら見た目を取り繕っても本性は隠せないようだ。)

続きを読む

国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ