我が党が9国社中第5号を以て、広島平和文化センター会長(広島市長)松井一實 氏に発出した抗議及び要求について、平成29年7月7日付け文書にて回答を受けた。内容は、後段に記載しているので一読願いたい。

このたびの回答については、結論から云えば、我が党が指摘した「ホロコーストはユダヤと戦勝国連合のでっち上げ」であること。その「ホロコースト」を声高に叫び、金儲けを続けてきたユダヤ的商業施設の手法を学ぶなどと云う行いは、真の大量虐殺である原子爆弾投下の犠牲者に対する冒涜行為に他ならない」と云う点、加えて、ユダヤは、「言論弾圧」に拠り、思想信条の自由及び表現の自由を蹂躙してきたこと。また、暗殺、爆弾投げ込み、放火等のテロ行為を行ってきたイスラエルの諜報機関モサド、ユダヤ防衛同盟(JDL)、イグルン及びシュテルン・ギャング(レヒ)と関係があるアウシュヴィッツ博物館との連携は、広島平和文化センターの設立根拠である広島平和記念都市建設法第一条で規定された「恒久の平和を誠実に実現しようとする理想」と、上記の基本的人権の蹂躙及びテロ行為は、同センターが目指す「理想」とは真逆のベクトルではないか、と証拠を提示して指摘した。しかるに左記で述べてきた点については、KIKEのプロパガンダ及び戦勝国史観から一歩も抜け出せない回答で残念であった。また、回答内容も、我が党から見る限り、論点のすり替えと責任回避に終始していると断じざるを得ないお粗末なものであった。しかしながら、公文書を以て回答いただいた点については、誠意ある対応であったと謝意を示すものである。


genbaku-kaitou 290707







(広島平和文化センターからの回答文書)

最後に一つ、特に強調しておきたい点がある。回答文書に於いて「ヒロシマの心である核兵器廃絶」と記されているのであるが、カタカナ書きの「ヒロシマ」とは、どの国に存在するものであるのか、是非ともご高説を賜りたいものである。これは、原爆死没者慰霊碑に刻まれた、主語の無い天下の悪文「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」で、あたかも我が国が過ちを犯したかの様に世界へ発信している愚行と同根である。戦後、反戦思想にかぶれた左翼が喧伝してきたヒロシマ――これこそが繰り返してはならない "過ち" の最たるものではないか。

genbaku-hibun









(我が国と原爆被害者を貶める碑文を撤去せよ)

続きを読む