2018年08月

ドイツ連邦共和国大使館に抗議活動

我が党は兼ねてから抗議をしているドイツ連邦共和国のドイツ刑法典130条「民衆先導罪」"Volksverhetzung"の即時撤廃と同刑法により「言論の自由」の罪により囚われている「無実の罪人」の即時解放、EUに於けるサイモン・ヴィーゼンタール機関の政治介入の阻止を訴える為に8月30日東京港区の在日ドイツ連邦共和国大使館(以下ドイツ大使館)に抗議活動と抗議文手交を行った。

IMG_5133


IMG_5126

IMG_5120
IMG_5114


---------------------以下、抗議文---------------------

 

抗議文

ドイツ連邦共和国首相

アンゲラ・メルケル 殿

在日ドイツ大使館

ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン 殿

 

                  平成30830

             

                  国家社会主義日本労働者党

                    代表  山田一成

 

ヨーロッの「自由主義諸国」で形成されているEUを事実上牽引している貴国ドイツ連邦共和国(以下ドイツ)に於けるドイツ刑法典130条「民衆扇動罪」は人類が最も渇望する基本的人権を無視し、表現の自由・思想信条の自由・結社の自由・言論の自由を封じ込めんとする悪法である。自由主義国家を名乗るドイツに於いてこの悪法により、ドイツ国民ばかりか世界各国の著作家、歴史家、政治家、活動家を何十年と苦しめてきたのである。まるでこの北朝鮮共産主義独裁国家の如き悪法は基本的人権を無視した「人道に反する刑法である」

 貴国が忌み嫌うヒトラー政権下のドイツ第三帝国が1935915日に制定した「ニュルンベルグ法」及び戦前の日本が1941310日に改正た「治安維持法」酷似しているではないか。当時のドイツと日本に於ける「ニュルンベルグ法」「治安維持法」は拡大解釈され権力が容易に大衆を逮捕出来た「暗黒時代」であったと後の戦後左翼の歴史家たちが酷評している。貴国の「民衆扇動罪」は正に現在でも日々一刻拡大解釈され逮捕者が続出ているではないか。

これを日本に置き換えれば「南京大虐殺は無かった」「従軍慰安婦は居なかった」と論陣を張れば懲役刑に服する、と言うことになる。我が党は当然「南京大虐殺」も無かった「ホロコースト」も「ガス室」も無かったと主張ているのである。従って我々国家社会主義者及び歴史修正主義者にとって「民衆扇動罪」

多大に我々の人権を蹂躙している事に対して抗議をするとともに以下要請をドイツ連邦共和国に要請する。

 

1「民衆扇動罪」の即時撤廃

 

1高齢のウルスラ・ハーバーベッ女史の即時解放

 

1ナダ人女性モニカ・シェファー女史の即時解放

 

1ホルスト・マーラー氏の即時解放

 

1シモン・ヴィゼンタール機関の欧州評議会で欧州政治に及ぼす影響を止めろ

 

回答期限:平成30年9月15日必着

 

---------------------以上、抗議文---------------------

また、ドイツでは現在、ハンブルグやリューベックで我々の数多くの仲間が突然行方不明になっている。また、最近修正主義者になったイギリス人女性ミシェル・レヌフ女史が行方不明になっている。この背景にあるのは「民衆先導罪」ではなかろうか。真の歴史を追求せんとする者に対してユダヤ人や左翼、ポピュリスト達に虚構の憎しみを植え付けているのが「民衆先導罪」である。先程の抗議文にも書いたが、これは正に戦前の日本の「治安維持法」と酷似しているではないか。我が国に於いても「テロ等準備罪」の新設を巡って「拡大解釈」の可能性がある法案だと左翼陣営は挙って反対の意を表していた。ところが、FullSizeRender
写真上  木戸衛一

大阪大学の憲法学者だと言う木戸衛一なるユダヤ人の下僕が「在特会などの活動に対して、日本もドイツの「民衆先導罪」のような法案が必要だと述べている。彼らは「治安維持法」や「テロ等準備罪」には反対を表明し「民衆先導罪」は導入を進めているという二重規範の最低な腐れ外道である。この男と追随者に対する問題は後々考えなければならない。

今回のドイツ大使館抗議活動は緊急性を重視して「ホロコースト」問題は取り上げられなかった。これもまたドイツ大使館に抗議活動をする予定である。

因みに、先日までモニカ・シェファー女史が収監されていた拘置所からモニカ・シェファー女史は移管されたようでサポートメールが返送されて来た。同じ日に出したウルスラ・ハーバーベック女史に送ったサポートメールは届いたようである。FullSizeRender

追記、先日リリースしたモニカ・シェファーの判決が9月中旬に延期された事を付け加えておく。

フロリダ州ビデオゲーム大会銃乱射事件

現地時間8月26日アメリカ・フロリダ州で開かれたビデオゲーム大会の会場で8月26日、参加者の男が銃を乱射した。地元保安官事務所によると、13人が銃で撃たれ、少なくとも2人死亡。容疑者の男も死亡した。自殺した容疑者デェビット・カッツ(David Katz)24歳はアツュケナジー系のアメリカン・ユダヤ人であるらしい。 我が党は、アメリカのユダヤ人には精神的な病患者が多くいると考えている。ある説によるとニューヨークの男性同性愛者の70パーセント以上がユダヤ人だと言われている。ヨーロッパから逃れ新天地を求めてアメリカにたどり着いたユダヤ人は、移民国家のアメリカでさえ忌み嫌われている。それは彼らの邪悪なる宗教ユダヤ教を行動規範とし、国家形成や文化創造には関心が無く専ら金融や投資、カジノ、報道、娯楽映画などの土地に根ざさない職業を選択しているからである。我々日本人から見れば同じ白人種に見えるアツュケナジーのユダヤ人は白人からも白人と見なされていない、と言う「アキレウスとカメのパラドックス」せいなのか、精神的な抑圧から解放されたい欲望が強い。従ってアメリカでは「精神カウンセラー」(これもユダヤ的な職業であるが)などが流行っている。これが何千年にも及ぶ根無し草の民族なのである。FullSizeRender

モニカ・シェーファー女史の判決は金曜日に予定

先日来リリースしている「言論の自由」の為にドイツで投獄されているカナダ人バイオリンインストラクター、モニカ・シェーファー(Monika Schaefer)女史の裁判の判決がドイツ時間8月17日(金曜日)に下される予定である。我が党の党是とも言える「戦勝国とユダヤ人に歪められた歴史を検証し修正する」の一環である「ホロコースト」はなかった「ガス室」はなかったの論証をYouTubeで世界配信しただけの「罪」でドイツでは他国の国籍の人物すら投獄すると言う悍ましき「ユダヤ共産主義国家」である。

かつて朝日新聞をはじめとする反日商業マスコミや60・70年代安保闘争に疲れた所謂「団塊の世代」のゴミ売国奴達や北朝鮮と密接な関係にあった旧社会党のアホ議員が「戦争犯罪を誠実に反省しているドイツ」とドイツの戦後体制を褒め上げていた。しかし今のドイツは北朝鮮並みの言論の自由を封じる国家ではないか。その論点からは先のバカどもは口を封じているのだ。なんと卑怯者達ではないか。これを日本に置き換えれば「南京大虐殺はなかった」「従軍慰安はいなかった」「朝鮮人の強制連行はなかった」と公言すれば懲役刑。また、愛国運動をすれば「ドイツ刑法典130条民衆先導罪」の様な罪に問われ懲役刑が課せられる…。この様な事は日本ではあり得ないとお思いの方も多いと思うが、日本の大宰相ユダヤの狗、安倍晋三の事であるから、日本を崩壊に向かわせる手段として新法の制定を考えるやもしれないのだ。今やLGBTとかジェンダーとやらが持て囃されホモ同士の婚姻や夫婦別姓などがまかり通る日本になってしまった。この話をすれば必ずや「戦国時代や江戸時代には衆道などがいて性に対して日本は、おおらかな国である」と反論してくる愚か者もいるが衆道が江戸時代に衆道パレードを行い男色の権利を主張したのか? 10年前には予想だにも出来なかった事が進んでいる今の日本。全ては民族破壊・国家破壊である。話は戻すがモニカ・シェーファー女史の裁判の判決は後に記載する。我々はモニカ・シェーファー女史を断固応援している。

最後に一言、過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる

我々は東欧ゲットーあがりのギャングどもから世界を救済する為の戦いは続ける!

IMG_4993


国家社会主義日本労働者党
協賛される方、または賛助会員

☆ゆうちょ銀行

※同じ郵貯から郵貯へは下記の記号番号を
ゆうちょ銀行
10160-40325421
コッカシャカイシュギニホンロウドウシャトウ

※他の金融機関からは下記の口座を
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金018-4032542

  • ライブドアブログ