丹羽宇一郎_01

たちあがれ日本の平沼赳夫代表は8日夜、都内で開かれた同党のパーティーで
丹羽宇一郎駐中国大使が英紙インタビューで東京都による尖閣諸島購入計画を
批判したことについて「許されない。日本人が所有している島をなぜ都が買っては
いけないのか」と非難した。 

[時事通信社] 


[時事通信社]




http://www.youtube.com/watch?v=-SFtQwj5oIk&feature=relmfu







我が党は自由民主党政権時代から支那に対する伊藤忠のODAに対し抗議を行ってきた。国賊であり、ソビエト抑留者で同胞を赤化するためにソビエトのスパイとなった瀬島隆三に対しても、2004年ホテル・ニューオータニで行われた「角川春樹の出所パーティ」で偶然に会う事が出来て、抗議した。角川春樹、歌手の松任谷由美、ジョー山中と同席であった瀬島隆三に対し小声ではあったが、「お前はソビエトのスパイであり、伊藤忠は今では支那からODAのキックバックを貰っている売国企業ではないか」と問いかけた。その途端に警備の人間に間に割ってはいられ、瀬島と引きななされた。しかし、問いかけた時の瀬島の顔つきが今でも忘れられぬほど、怯えていたのだ。趣旨も違うパーティで礼を失していたので、それで引き下がったが、自民党の政権時代から、これまた売国奴の中曽根康弘の懐刀であり、数々の疑惑に絡んできた人物と企業である。

丹羽宇一郎は、伊藤忠の社長から地方分権改革推進委員会、委員長を経て、民主党政権後に在支日本大使に任命された。その後、支那は日本大使館の設計申請に文句をつけ、代わりに丹羽宇一郎が支那による新潟と名古屋の土地所得に便宜を図ると公約したのだ。
さらに、尖閣諸島における支那工作船による海上保安庁の巡視艇体当たり事件時も、まるで弱気な発言に終始し、そればかりではなく、どこの国の大使なのか国民に疑問を投げかけてきた。

石原慎太郎都知事の呼びかけで、尖閣諸島の買い取り金の募金を募った結果、とうに10億円を超え、都による所得、あるいは国家による所有が政治的プログラムとなっている今、このような支那寄りの発言をしているのだ。 これでは、典型的な売国奴か、支那に個人的あるいは伊藤忠絡みの弱味を握られているとしか考えようがない。
 
民主党売国政権よ ! いずれにしても丹羽宇一郎を即刻、解任、召還をせよ。


伊藤忠商事

package-bomb