死を賭してまで世界を護るために闘った二十世紀最高の指導者にして、ユダヤによる世界支配及びユダヤの "人造国家" イスラエルが、いまこの瞬間にも犯し続けている非道なる虐殺の預言者でもあるアドルフ・ヒトラー総統のご生誕日に際して、その確固たる意志と思想を『わが闘争』から抜粋引用することに拠って、人種問題とユダヤの正体を抉りだしたい。このエントリーを以て、現在のユダヤ国際秘密力に牛耳られた混沌とした世界を七十年前に警告し、闘い斃れた、永遠なるFührer、アドルフ・ヒトラー氏のご生誕日に寄せる我が党の意志を表するものである。

HITLTER1









(ADOLF HITLER BILDER AUSDEN LEBEN DES FÜHRERS)

『わが闘争』第四章より

●民族と人種

人間は例外なしに自然の園を歩き回り、殆どあらゆる事を見知っており、理解していると思い込んでいる。だが、彼等はほんの少しの例外を除いて、自然の摂理の中で最も目立った原則の一つを、盲目のように見ずに通り過ぎてしまう。それと云うのは、この地上の全生物の種は内面的に隔離されていると云う原則のことである。程度がまったく同じではない二つの生き物を交配すれば、すべて結果は両方の親の程度との中間となって表れる。つまりこうなのだ。子供は両親の人種的に低い方よりは、なるほどより高いしかも知れぬが、しかし、より高い方の親ほど高くはならない。その結果として、彼はこのより高度なものに進化させていこうとする自然の意志に反する。この意志が行われるための前提は、より高度なものと、より劣等なものとの結合の中にではなく、前者の徹底的な勝利の中に横たわっている。より強いものは支配すべきであり、より弱いものと結合して、そのために自分の優れた点を犠牲にしてはならない。ただ、生まれつきの弱虫だけが、このことを残虐だと感じるにすぎない。しかし、それだからこそ、彼も弱い愚かな人間であるに止まる。何故かと云えば、この法則が支配しないとしたら、あらゆる有機的生物に可能と思われる進化が、まるで、考えられなくに違いないからだ。

過去の偉大な文化は全て、元来創造的であった人種が血をだめにすることに拠って死滅したため、滅亡したに過ぎなかった。そのような滅亡の究極的な原因は、常に、あらゆる文化は人間に依存しているのであって、その逆はでないこと、それ故一定の文化を保持するためには、それを創造した人間が維持されなければならぬと云う事を忘れたところにある。しかし、この維持は最も優れたもの、より強いものが勝利すると云う必然性及び権利についての鉄則と結びついている。生きようと望むものは、したがって戦わねばならぬ。この永遠の格闘の世界で、争うことを望まないものは生きるに値しない。

混血、及びそれに拠って引き起こされた人種の水準の低下は、あらゆる文化の死滅の唯一の原因である。何しろ人間は敗戦に拠って滅亡はしないものであり、ただ純粋の血だけが所有する事の出来る抵抗力を失う事に拠って、滅びるものだからである。

この世界では、良い人種でないものはクズである。あらゆる世界史的事件は、善かれ悪しかれも諸々の人種の自己保存衝動の表現に過ぎない。

【注:「ユダヤ人の知恵が日本にも必要だ」と主張し、「自分の遺伝子が原因で遺伝性疾患を持った子供が生まれる可能性がある事を知る者は、子供を作るのを諦めるべきではないか」と云う趣旨のコラムを執筆した故渡部昇一氏は「ナチスの優生思想」を否定していたが、一生涯、障害に苦しむ本人を生きながらさせるのは、ニュルンベルグ裁判を筆頭とする連合国側が、ドイツ第三帝国の戦犯とされたナチス幹部に対して行った「復讐裁判」に於ける筆舌に尽くしがたい「拷問」と同等の、これこそが人道に対する罪である。また、連合国の拷問吏官はユダヤ人で占められていた。この史実に関しては、後日、別の頁で述べることにする。】

HITLTER14









(TRIUMPH DES WILLENS)


●ユダヤ的エゴイズムの結果

この世界にユダヤ人だけがいるのなら、彼等は泥や汚物に息が詰まりながらも、憎しみに満ち満ちた闘争の中で相互にペテンにかけよう。根こそぎにしようと努めるに違いない。ただしかし、それは彼等の臆病に示されている犠牲心の完全な欠如が、この場合にも、この闘争を猿芝居にしてしまわなければの話である。

したがって、ユダヤ人が闘争に於いて、あるいはもっと適切に云うならば、彼等の隣人から強奪する場合に於いて、団結していると云う事実から、彼等にある種の典型的な犠牲心が存在するのだと推論しようとするのは、根本的な誤りである。この場合でもユダヤ人を導くのは、個人のあからさまなエゴイズム以外の何物でもないのだ。

したがって、ユダヤ人の国家も――これはある人種の自己保存と増加のための活発な有機体であるとされるが――領域的にまったく限られていない。何しろ、国家組織を一定の空間で以て理解するのは、常に国家的人種と云う理想主義的な志操、特に労働の欠如する程度に応じて、空間的に限られている国家を形成しようとする試みばかりか、保持しようとする試みさえも駄目になる。だがそれと共に、文化を成立させうる唯一の基礎も無くなってしまう。

HITLTER16









(TRIUMPH DES WILLENS)


●ユダヤ人は寄生虫

ユダヤ人は自分の占めた地域を再び空けよう等とは考えもせず、腰を下ろした所に止まり、しかも暴力に拠って非常に困難であるとしても辛うじて追放出来る程に頑固なのである。彼等が常に新しい国々へ延び広がってゆくのも、そこに彼等の生存のための一定の条件が与えられる時機がきて初めて可能である。ただ彼等の生存のための――遊牧民の様に――今までの住居を変える事はないのである。彼等は典型的な寄生虫であり続ける。つまり悪性なバチルスと同じ様に、好ましい母体が引き寄せられさえすれば益々広がってゆく寄生動物なのである。そして彼の生存の影響もまた寄生動物のそれと似ている。彼等が現れる所では、遅かれ早かれ母体民族は死滅するのだ。

【注:人造国家イスラエルがパレスティナ人の土地を強奪し、現在も虐殺を続けている事実、また二千年以上前から世界各国に於いて「同化政策」を継続している点からも、上記の史実は一人でも多くの方々に拡散されるべきである。】

HITLTER6


















(ADOLF HITLER BILDER AUSDEN LEBEN DES FÜHRERS)


●ユダヤ人の発展過程

【注:この文節は長文であるのでユダヤを知るうえで一部のみを記載する。この節では、ユダヤが如何にして生産性の欠如した路端の一商人から、人民を搾取し虐げる支配者になる過程が克明に述べられている。この文節では、特に諸兄に知ってもらいたい箇所を抽出し以下に記す。なお、角川文庫版(昭和60年10月20日発行版)では、427-454ページを参照されたい。】

過程(I)ユダヤ人は初めのうち、今まで彼等が国民に対して犯してきた事を償うかの様に見せびらかせ始める。彼等は人類の「慈善家」に変装し始める。彼等の新しい善行は実際的な動機があるので、彼等は古い聖書の言葉、右手の与えるものを左手に知らしてはならない。で十分であろうとばかり思っていられないのだ。彼等は良かれ悪しかれどれほど彼等が大衆の悩みを感じているか、またそのためには、自らあらゆるものを犠牲に捧げようとしているのだと云う事を、可能な限り、多くの人々に知らせなければ我慢出来ない。この確かに生まれつきのお慎ましやかさでもって、彼等は自分の功徳を他の人々が本当に信じ始めるまで、世間に向かって喧しいばかりに公言する。このことを信じない者は、彼等を酷く侮辱しているのだ。短い期間に早くも彼等は、今までおよそ自分達だけが常に不正を加えられてきたのであり、決してその逆ではなかったように事態をこじつけ始める。特に愚鈍な人々はその事を信じ、この哀れで「不幸な人々」に同情しないでは居られない。

【注:でっち上げの「ホロコースト」で被害者を装い続けるユダヤは、歴史上、常に加害者でしかありえなかった。ユダヤと連合国軍は、ベルゲン=ベルゼンに象徴される発疹チフス及び連合国軍に依る補給路を断たれたことに拠る病死者の写真を、ドイツ第三帝国の手に拠る「民族絶滅」と吹聴して恥じる事のないクズである。】

HITLTER2

















(ADOLF HITLER BILDER AUSDEN LEBEN DES FÜHRERS)


●ユダヤ人の戦術

この新階級が一般的な経済変化から抜け出して発展していくかと思ううちに、ユダヤ人は既に自分自身が更に前進するため利用出来る新しい露払いをはっきりと見出してもいる。彼等は最初ブルジョア階級を封建的世界に対して破城槌に利用したが、今やブルジョア階級に対して労働者を利用する様になった。だが以前に彼等はブルジョア階級の蔭から、市民権をこっそり手に入れる事を知ったが、今は労働者の生存のために闘争の中で、自分が支配者になれる道を見つけ出そうと望む。

【注:ユダヤの常套手段である「両建て戦略」と「二律背反」は、上記以外にも、共産主義と民主主義の対立、ニュルンベルク法は非難するが、イスラエル人と結婚のパレスチナ人に市民権与えぬ法改正(イスラエル市民権法)の制定、米国大統領選に於けるクリントンとトランプの戦い他、枚挙にいとまがない。】

HITLTER14









(TRIUMPH DES WILLENS)

●混血民族

すべて地上にあるものは改良されなければならない。敗北はすべて後の勝利の父となりうるのだ。それぞれの敗戦は後の高揚の原因となり、それぞれの困難は人間のエネルギーの結実となり、それぞれの抑圧は新しい精神的再建に力を与えうるのである。――血が純粋に保存されている限りはであるが。

血の純粋さが失われた場合だけ内面的幸福は永遠に破壊され、人間は永遠に没落し、その結果と云うものは決してもう肉体からも精神からも取り除く事は出来ない。

もし、この唯一無比の問題で以て他の全ての生活の諸問題を吟味し、比較するとすれば、この問題で計られる事に拠って、我々は初めてそれらが笑えるほど小さな問題であると云う事を知るであろう。それら全ては時間的に制約されている――だが、血を純粋に保存するか保存しないかの問題は、人間が存在する限り存続するだろう。

HITLTER5


















(ADOLF HITLER BILDER AUSDEN LEBEN DES FÜHRERS)

●最後に

我が党は、株式資本制度からの労働者の解放、反ユダヤ主義、反グローバリズム、反移民政策、反自由主義、欺瞞に満ちた議会制民主主義の廃止、同性愛反対などのヒトラー総統の意志を受け継ぎ、総統の功績を顕彰し続ける運動を今後も強力に展開してゆくものである。

 Sieg Heil!  Heil Hitler!