宮本顕治自身が書いた『宮本顕治公判記録』の改竄・捏造については、各論二「宮本顕治釈放の嘘」で書いたが、その改竄の証拠を補足資料として掲載する。以下、各論二を再掲し重複している部分であるが、確認のために記す。

●でっち上げの『宮本顕治公判記録』 ※再掲

鬼畜、宮本顕治自身が己の正当化のために捏造及び歪曲の限りを尽くして書いた『宮本顕治公判記録』から、次の一文を引く。なお、記載順序も含めてすべて原文ママである。

「宮本顕治判決原文末尾の記載」

(昭和十九年十二月五日、東京刑事地方裁判所三宅富士郎裁判長は、治安維持法違反およびその他の罪名で宮本顕治氏にたいし無期懲役の判決をくだした。しかし、日本軍国主義の敗北とポツダム宣言受諾にともない、「解題と若干の説明」で述べている経過をへてスパイ調査問題は法的にも決着がつき宮本氏は復権した。以下は宮本氏の判決原本末尾に記載された文章の全文である。編集部)

本判決ハ
昭和二十年十二月二十九日公布
勅令第七百三十號「政治犯人等ノ資格回復ニ関スル件」第四條本文ニ依リ将來ニ向テ其ノ刑ノ言渡ヲ受ケザリシモノト看做ス

復権証明書(後略:注、次回各論三「宮本顕治復権の嘘」で詳述する)

宮本顕治公判記録の改竄














(判決文原本裏書と『宮本顕治公判記録』315ページの比較)


●『宮本顕治公判記録』の改竄箇所

以下に改竄箇所を併記する。

・勅令第七百三十號「政治犯人等ノ資格回復ニ関スル件」第四條本文ニ依リ(『宮本顕治公判記録』)
・勅令第七百三十號「政治犯人等ノ資格回復ニ関スル件」第一條本文ニ依リ(判決文原本裏書)

判決文原本裏書さえ日時・権限者・根拠が一切不明の“怪文書”であるが、それさえも改竄しなけれがならないほど、「宮本顕治は無罪」と云う日共と宮本の主張は欺瞞に満ちているのだ。

勅令第七百三十号第一条では、「(前略)将来に向けてその刑の言い渡しを受けざりしものと見做す。と確かに規定されているが、但し書きで適用外も明示している。第一条第一項で「併合罪に付き併合して一個の刑に処せられた者の関して規定されており、第二条では「併合罪の刑法犯は“言い渡しに基づく既成の効果は前二項の規定に依り変更されることはない”」と明確に規定されている。これが、宮本顕治のアキレス腱である。自ら改竄に手を染めてまで、鬼畜の所業をなかったことにしようと画策する最低のクズである。

如何であろうか。日共リンチ殺人は「特高のでっち上げ」であると云う噴飯もののプロパガンダを一貫して行ってきた日本共産党こそ、「でっち上げ」を行っている張本人であることは、賢明なる諸兄には十分にご理解いただけるでだろう。日共のプロパガンダに騙されている被害者もこの画像を一瞥して洗脳の呪縛から解放されることを強く望むものである。

ちなみに復権証明書も『宮本顕治公判記録』に掲載されているが、これも勅令第七百三十号第一条と書いてある。しかし、判決文原本裏書のようい原本がなく、宮本の「でっち上げ」を確認する術はないのであるが、判決文原本裏書でさえ改竄するような輩である。宮本が正直に書いているとは到底信じることはできない。


(参考資料)復権証明書 ※各論三で詳述予定
________________________________________________
  證明書                                                   
                                                            
本籍 山口縣光市大字島田第百七拾四番ノ七號 
   宮本顕治
   明治四拾壱年拾月弐拾日生
 
昭和十九年十二月五日 
東京刑事地方裁判所判決
治安維持法違反、不法監禁致傷、不法監禁致死、不法監禁、
傷害致死、死体遺棄
銃砲火薬類取締法施行規則違反
懲役二十年

無期懲役言渡のところ昭和二十年勅令第五百八十號減刑令に
拠り懲役二十年に變更せらる

右者に對する頭書の刑は昭和二十年十二月二十九日公布勅令第七百
三十號に依り人の資格に關する法令の適用に付ては將來に向て其の
刑の言渡を受けざりしものと看做すとの同令第一條に則り資格を回
復したることを證明す

昭和二十二年五月二十九日
   東京地方検察庁検事正 木内 曾益(注:原文では旧字体)
_____________________________________________________________


以下、参考資料として、勅令第七百三十号を再掲する。
--------------------------------------------------------
/昭和二十年勅令第七百三十号(政治犯人等ノ資格回復ニ関スル件)
一 別表一ニ掲グル罪ヲ犯シ本令施行前刑ニ処セラレタル者ハ人ノ資格ニ関スル法令ノ適用ニ付テハ将来ニ向テ其ノ刑ノ言渡ヲ受ケザリシモノト看做ス但シ左ニ掲グル場合ニ於テハ此ノ限ニ在ラズ
 一 別表一ニ掲グル罪ニ該ル行為ガ同時ニ別表二ニ掲グル罪名ニ触ルルトキ又ハ別表二ニ掲グル罪ニ該ル行為ノ手段若ハ結果タルトキ
 二 別表一ニ掲グル罪ト別表二ニ掲グル罪トノ併合罪ニ付併合シテ一個ノ刑ニ処セラレタルトキ但シ別表二ニ掲グル罪ニ付既ニ大赦アリタル場合ヲ除ク
二 別表一ニ掲グル罪ト別表一及別表二ニ掲ゲザル罪トノ併合罪ニ付併合シテ一個ノ刑ニ処セラレタル者ニ対シ別表一ニ掲グル罪ニ付既ニ大赦アリタル場合ニ於テハ別表一及別表二ニ掲ゲザル罪ニ関スル刑ニ付前項ノ規定ヲ準用ス
三 刑ノ言渡ニ基ク既成ノ効果ハ前二項ノ規定ニ依リ変更セラルルコトナシ
  附 則(注:省略)
別表一(注:宮本の該当項目のみ抜粋)
九 治安維持法違反ノ罪
別表二(注:宮本の該当項目のみ抜粋)
 一 刑法第二編ノ罪但シ第七十四条、第七十六条、第八十一条乃至第八十九条及第百五条ノ二乃至第百五条ノ四ノ罪ヲ除ク
 九 銃砲火薬類取締法違反ノ罪
--------------------------------------------------------