ペドロ・ヴァレラ・ガイス

Pedro Varela Geiss(1957年10月9日生まれ)。
作家と出版社、歴史とドイツ文学の大学を卒業。
1978年に彼はCEDAE(国家社会主義団体)の会長に就任しました。これはスペインの重要な国家社会主義政治結社です。 Waffen-SSで働いたレオン・デグレルによって設立された。※(1)
1992年、ヴァレラはオーストリアで演説して投獄された。
彼は1993年にCEDADEを辞め、その後バルセロナで自分の出版社(Libreria Europa)を開設し、そこでNS書、ホロコースト否定本を販売していました。
1998年、彼は憎悪の告発のために5年の刑を宣告された。その後、2010年に同じ理由で2年間刑務所に刑を宣告された。
バレラを氏は13年間、アドルフ・ヒトラー著作のマインカンプの売却を告発された。この本は2015年までは公​​表されることには合法ではなく、アドルフ・ヒトラーの死後70年になって著作権の保護期間が過ぎた時点で合法とされた。兎も角、スペインがヴァレラを告発する理由があったのは、著作権保護法の保護期間内にその法律が存在していたにもかかわらず、多くのマインカンプのコピー本がヨーロッパで出版されているからだ。
同氏は10ヶ月の受刑刑と罰金10.800ユーロ(1,392,296円)、バビエラ(チリ共和国マウレ州リナレス県パレルにあるドイツ系移民を中心とした集落、CIAとシモンヴーゼンタール機関によるとここのコロニーにヨーゼフ・メンゲレSS将校にして医師が隠れていたとの報告がある)への補償金67.637ユーロ(8,718,403円)を宣告され、
警察は、彼の出版社から、マインカンプと出版ツールのすべてのコピーを押収した。スペインやメキシコやチリなどのヒスパニック諸国で約4375部のマインカンプを販売しているとの理由でである。更にスペイン政府は彼の出版社を廃業に追い込んだのである。
ヴァレラは、本を出版する前にマドリードの弁護士に尋ねたと語った。
ヴァレラの弁護士は、その本はヴァレラの販売した時期には既に著作権フリーであると語っていた。
裁判中、多くのNS仲間が彼を支援した。
スペインとヨーロッパの政府は、彼が投獄され、彼に国家社会主義の理念の転向や「ホロコースト」否定論に対する言論封殺をを試みた。しかし、ヴァレラは今でも当時と同様に、激しく、同じスピーチを続けている。

FullSizeRender

彼は非常に礼儀正しく、NSシンボルのすべての種類を避けている、彼らのスピーチでは例外的です。
彼のスピーチと本で、彼は大量の移住の危険、シオニズムの問題、第三帝国に関する真実、そして資本主義と戦った枢軸国の力について語っている。彼はまた現代のNSは正常な人でなければならず、社会へのスピーチを紹介するためにはより効果的に「スキンヘッド」の外観を避けなければならないと述べた。バレラは、日本をヨーロッパ諸国の植民地からアジアを解放し、強く先進国を作るための優れた仕事をしたと評価している。
彼はカトリック教徒であり、スペインとユーゴーの伝統主義を支持しています。インターネット上に彼の多くのスピーチがあるので見て頂きたい。彼はスペイン語、ドイツ語、英語、デンマーク語とイタリア語を話す。例えて言えばスペインで活躍している知的な故エルンスト・ツンデルの様な人物と言えば分かりやすいだろうか。スペインで最も偉大なるのNSの英雄であり闘争者である。

とあるヨーロッパの友人がペドロ・ヴァレラと会談した時に我が党の活躍を話し合ったとの報告が来た。

FullSizeRender


ヨーロッパ、北米、南米、中東、アジアに於いても対ユダヤ人との世界最終戦争の連帯と準備が進められている!

(1)レオン・デグレル
第28SS義勇擲弾兵師団ヴァロニェンの師団長であり、ベルギーのカトリック系反共ファシスト政党「レクシズム」の指導者。ドイツの終戦までオーデル川西岸でソビエト赤軍と戦い続けた。ヨーロッパでは今尚英雄視されている。
FullSizeRender
レオン・デグレル